【覚えておきたい3つの条件】これだけは知っておきたい!歯磨き粉のきほん

Orthodontics

前提条件

プラークコントロール(むし歯・歯周病の原因となる細菌の塊である歯垢を減らすことを意味する) において、歯磨き粉の役割は以下の通りです。

あくまでも「補助的なもの」としてお考えください。ですので「必ずしも何がなんでも使わなきゃいけない」ものではないということです。
なぜこんなことをわざわざ周りくどくお伝えするのかというと、
顆粒がポケットの汚れを書き出す!!」や「この歯磨き粉で歯槽膿漏が改善!
という少し真実が曲がった形で宣伝されることが多いので、あえて書いてみました。
(販売元にも嘘をつく気などさらさらなく、本当のことを詳しく説明しようとすると専門性が少しでてくるので 一般大衆の食いつきが悪くなることを懸念し、耳触りの良い単純な言葉で宣伝するのだと思います。)
歯科や医科(それ以外もそうかもしれません)に関して、『耳触りよい』情報は真実に近くないことが多いです。
(例外もあります)一度疑った方がよいと個人的に思います。
いくら医療が発達したとはいえ、人間の身体は分野によっては解明されていないことの方が多いです。
歯科矯正の分野などは特にそうかと思います。

歯磨き粉大きく2つある

基本成分だけで構成された「化粧品」と薬効成分が配合された『医薬部外品』の2種類があります。 (日本で売られている歯磨き粉の殆どが医薬部外品です。) 結論から申し上げると、

化粧品(基本成分のみの商品)は買わなくてよい

です。これだけ知っているとだいぶご自身でも歯磨き粉を吟味できるようになるとおもいますので覚えておきましょう。

基本成分とは?
清掃剤(研磨剤):歯の表面を傷つけずにプラークやステインなどの汚れを落とす。
湿潤剤:歯磨剤に適度の湿り気を与える
発泡剤:口中に歯磨剤を拡散させて洗浄し、汚れを除去する。
粘結剤:粉体と液体成分とを結合させ、保湿性・適度の粘性を与える。
(補助成分)
香味料:香味の調和を図る。爽快感と香りをつけることで使用し易くする。
保存料:変質を防ぐ。

最新歯科衛生士教本歯科予防処置論・保健指導論 高坂利美

この記事で覚えて欲しいのは3つです、
『宣伝文句は全て疑う』(疑ってかかる→正しければラッキー。)
『金を儲けるために作られた商品かどうか嗅ぎ分ける』(例にあげたい商品が数多あります。要望があればまた記事にします。)
『薬効成分のはいっていない歯磨き粉=化粧品歯磨き粉は買わない』(費用対効果が低い場合がほとんど。 )
これだけ覚えておけばいい買い物ができそうです。

次の記事では『基本成分』について具体的に掘り下げます。 ご質問・ご要望はマシュマロにてお待ちしております。 みなさんご自愛なさってください。
まみ